♭ Translator

♭ Calendar

05 2017/06 07
S M T W T F S
5
12
19 20 22 23 24
27 28 29 30

♭ Search

∮ Popularity Ranking

∮ Notes

当ブログにおいて使用している画像の肖像権及び著作権、並びに知的財産権は本人及び所属事務所、放送局、レコード会社、雑誌出版社等に独占的に帰属します。加工画像や記事については転載を禁じます。また、当ブログは全て非営利目的ですが問題等がございましたらご連絡ください。
情報に関しては注意を払っていますが、予想等も含まれるため、表記ミス等含め間違っている場合もあるのでご容赦ください。

∮ TV Programs

∮ Powerd by

♪ Category

♪ Latest Comment

[06/12 朝ッス!]
[06/11 鉄平]
[06/10 わんこ]
[06/10 オイッス!]

♯ sumabo

クリックで救える命がある。

♪人気記事♪

新着記事

Twitter


Other : アイドルも人。ファンも人。

Miscellaneous Notes


皆様こんばんは。

先日、女性アイドルが刺されてしまうという痛ましい事件が発生してしまいました。

プレゼント返され憤慨=逮捕の男「殺すつもりだった」-警視庁

一方、中国ではリウ・イーフェイという女優が男性ファンから飛びつかれ怪我。

“恐怖”リウ・イーフェイ、ステージに突然男性が乱入し飛びつく…厳重な警備でスケジュールを続行

他にも福山雅治の自宅マンションに女性ファンが侵入

福山さん宅侵入の女逮捕=コンシェルジュ、合鍵で-警視庁

など、芸能人のファンが起こす事件が各地で色々と発生しているようです。


最初の件に関してなんですが、刺されてしまったのは「冨田真由」という名の女性で、報道ではアイドルとされていますが、実際は舞台活動とシンガーとしてのライヴ活動をメインとしていたようです。

ニュース記事を見て単純に思うことは、彼女は何故、プレゼントを返してしまったのか・・・?ということです。
もちろん、刺した男が悪いのは間違いありません。
ただ、嫌だったり、気味が悪いのなら、こっそり処分もできたでしょう。
何故、わざわざ送り返すような事をしたのか・・・。それが気になります。
彼女の優しさだったのでしょうか・・・?
それが裏目に出てしまった・・・?


一方で、このような記事を見つけました。

「あなた達を喜ばせる都合のいい存在ではない」 現役アイドルがいま思うこと

この優月心菜という名の女性アイドル、Twitterでも色々発言していました。

彼女の言い分は正しいと思いますし、納得できる部分も多かったです。
しかし、ちょいと上から目線であり、ファンが言うのならわかるが、アイドルであるあなたがソレ言っちゃうの・・・?という違和感も同時に覚えました。

アイドルは「運営や大人が作り出した、偶像、夢」であると思います。

アイドル現場はお金を払って楽しむ文化です。アイドルは、アイドルという職業をしています。そして、あなたたちを喜ばせるためだけの都合のいい存在ではないです。

心の寂しさを埋める手段ではあるかも知れないけど、求めすぎるものではないとわかっていただければ幸いです。

アイドルに恋して苦しんでる方がいらっしゃれば、そんなに悩まないで下さい。お金を払って、不愉快な気持ちやストレスを溜めるのはおかしいです。

嫌なら行かない。自分に合った楽しみや癒しを見つけていただければ。

これは記事内の一部引用です。

確かにアイドルは「運営や大人が作り出した、偶像、夢」だとは思います。
だからこそ、ファンはあなた方の表の顔に想いを巡らせるのです。

お金を払って楽しむ文化と言いますが、ファンからしてみればそれは単なる応援の「手段」の一つにしか過ぎません。
しかしその手段のためのお金に、どれだけの想いが込められているのか理解されているんでしょうか?
そしてそれを「目的」とするのは疑問ですし、そういう文化だとアイドル側が決めることなのでしょうか?

そんでアイドルという職業をしている前に、一人の人間でしょう?
一人の人間が「アイドル」を演じているのではないのですか?
その一人の人間を好きになってはいけないのですか?
確かに独占しようとしたり、求め過ぎたり、期待し過ぎるのは色々良くない面があると思います。
でも男性ファンってコッチ寄りの人の方が多いと思いますよ。
ただ、その想いの方向性に問題があるのであって、人が人を好きになること、女性としてみてはいけないということまで他人が決めるなんて、俺には理解できません。
同じ人間同士でしょう。

世の中には一般人と結婚する芸能人もいます。
もちろん、コチラの可能性のほうが限りなく少ないでしょう。
しかしこれも事実です。
どうせなら、相手(アイドル)を惚れさせるくらいの器とカッコ良さを身につけたいですね。
それなら文句ないでしょ?

俺は彼女達のことを「商品」というのは嫌いです。
しかし彼女は自らのことを「商品」と言っています。
これは相当の覚悟やプロ意識あってのことでしょう。
立派だと思います(正直違和感もありますが)。

しかし、「運営や大人が作り出した、偶像、夢」と割り切っているのなら、だからこそ「あなたたちを喜ばせるためだけの都合のいい存在」になりきるべきなのでは?
そういう風になれというのではなく、そういう姿勢で挑むべきでは?ということです。
それだけのプロ意識があるのなら・・・です。

裏では「そんなんめんどくせ~」とか「知るかXD」とか言ってても、いざファンの前に出ると笑顔を振りまく存在であるとかさ(笑)
でも大抵そんなもんでしょXD
恋愛禁止なんていっといて、恋愛してたり。
そんなことわかってるファンだってたくさんいると思いますよ。
それらを含めて好きだっていう人も。


確かにLikeがLoveになっちゃうのはしんどいでしょう。
でも誰だって悩みたくて悩んでるわけじゃないんですよ・・・。
それを嫌なら行かないって切り捨てるのはどうなんでしょうか・・・。
確かに、ファンをいちいち一人ひとりどうこうできるわけではないのですが、な~んか違うような気がして。
このコは何のために「アイドルを演じてる」んでしょうか・・・?
最高のパフォーマンスを魅せたいのはわかりますが、残念ながらファン側はソレを求めてる人たちばかりではないのが現実だと思います。

あ、俺は大丈夫ですよ?
ソヨンは既に俺に惚れてますから(そう思うことがヤバいんだってXD)


う~ん、最近のアイドルとファンの距離感については、確かに違和感や疑問はありました。
しかし・・・、問題なく円満にアイドルとファンの関係を続けて行ける方法ってないんでしょうかね・・・。難しいね。

拍手[0回]


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント一覧

コメントは即反映されます。投稿する前に不適切、不快な表現がないかなど内容をよく確認してください。名前(HN)の記入をお願いします=)

  • お名前
  • タイトル

  • コメント

  • Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  • パスワード

T-ARA News

T-ARA Instagram

T-ARA TV Programs

Twitter

T-ARA Items