♭ Calendar

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

♭ Search

∮ Popularity Ranking

∮ Notes

当ブログにおいて使用している画像の肖像権及び著作権、並びに知的財産権は本人及び所属事務所、放送局、レコード会社、雑誌出版社等に独占的に帰属します。加工画像や記事については転載を禁じます。また、当ブログは全て非営利目的ですが問題等がございましたらご連絡ください。
情報に関しては注意を払っていますが、予想等も含まれるため、表記ミス等含め間違っている場合もあるのでご容赦ください。

∮ TV Programs

∮ sumabo

クリックで救える命がある。

♪ Category

♪ Latest Comment

[11/29 鉄平]
[11/01 鉄平]
[10/29 Richard]
[09/15 わんこ]

♪人気記事♪

新着記事

Scrap Booking


キュリ&ヒョミン:暗号通貨発行!? :o

キュリ&ヒョミン:暗号通貨発行!? :o

アイコン T-ARA T-ARA News

皆様こんばんは。
寝連休を過ごしたOtoYeahですXD


さて、キュリとヒョミンが韓国のデジタル・コンテンツ企業である「エイムハイ・グローバル」と契約を結び、ENT Cashを通じて個人での暗号通貨(仮想通貨)を発行するというニュースが発表されています。

なんでも芸能人が単独で暗号通貨を発行する事例は、世界初?なんだとか・・・:o
このプロジェクトに関しては、コチラ(韓国初の世界クラスのブロックチェーン暗号通貨アプリケーション・プロジェクト)の記事が参考になると思います:)

そして、このプロジェクトの肝とも言える「ブロックチェーン」に関しては、この動画が参考になると思います。


ブロックチェーンの仕組みとは?

また、この動画では語られてはいませんが、ブロックチェーンは著作権の保護にも有効であるという側面も持っているようです。
→ブロックチェーンが著作権を守る理由

これらの特長を有効に利用し、システムが成功すれば、芸能人の事務所依存度を下げることが出来ると期待されているようです。


De、恐らくファン側としては暗号通貨はcoinnestで購入し、これをグッズやチケットの購入等で使用する形になるのではないかなぁと予測。
投資としての意味合いもあるのかな・・・?

ただ、今回の暗号通貨を日本円で買えるかどうかは不明。
この辺のシステムに関しては、よくわかりませんね(通常は韓国ウォンでしか購入できないようです)。
会員登録の手間もありますし・・・。
ちょっと敷居が高いことは否めません。


ところで記事ではキュリとウンジョンになってますが、どう見てもキュリとヒョミンですよねXD

・・・こんな風にはならないように祈りながら:o、あたま痛くなってきたんでおわりXD

拍手[8回]


No Image

ウンジョン : (株)UFOプロダクションと専属契約

アイコン T-ARA T-ARA News

皆様こんばんは。
『すっぱいソルトシュガー』という食べ物を作ったら売れるのではないかと考えているOtoYeahです(味)


さて、ウンジョンが一足早くプロダクションとの契約を決めたようですね:)
T-ARA ウンジョン「お金の花」制作会社と専属契約“子役時代の縁がきっかけ”

久々に良い方のニュースを目にした感じですが、意外と早かったなぁというのが第一印象でした。
ドラマや映画制作および投資を行っているプロダクションということで、この調子で日本でも「太陽にほえろ!」に是非とも出演して欲しいところ(もうやってねーしXD)

「T-ARAとして活動できるチャンスもできるだけ作っていこうと努力するので、これからも応援宜しくお願いします」
とコメントしているようですが、コレはどのような意味なんでしょうかね?
今回の「商標」に関する問題に対してのコメントなのか、それとも「ウチで全員面倒見たる」ということなのか、それとも「T-ARAとして活動する機会があるときは努力します」ということなのか・・・?
ただ、「できるだけ作っていこうと努力する」という表現が遠まわしに「可能性は低いと考えといて」と言われてるようで・・・XD


ところでこの報道に関連して、一部で「UFOは他のメンバーと契約を結ぶために交渉中である」という情報が拡散されているようですが、自分が調べた限りでは、地元韓国のメディアではそのような報道はされていないようです。

De、一体どこでこのような報道がされたのか調べてみると・・・
Eunjung đã tìm được công ty quản lý, phải chăng đây chính là ‘nhà mới’ của T-ara?
Eunjungは管理会社を見つけました、このT-araの新しい家ですか?


何故かベトナムのメディアでしたXDDDD
地元韓国ではなく、何故にベトナムのマスコミがこのような情報を流しているのかちょっとよくわかりませんが、他の記事をザッと読んでみたところ、結構いい加減な記述もありました(笑)
なので信憑性は・・・?です。

まぁ、この報道が実現すれば、それはそれで面白いと言うか良いんでしょうけど・・・XD
まぁ現状が現状ですから、どうなるかは全くわかりませんね。


そうそうソヨンとボラム、ソヨンはインスタのストーリーズを主に更新してるようですが、ボラムもそろそろ「ほるうぇい!」でも何でもいいからSNSを更新して欲しいぜよです(笑)

拍手[13回]


No Image

T-ARA : 攻めるT-ARA 焦るMBK :|

アイコン T-ARA T-ARA News

皆様こんばんは。
頭の思考と心の思考、あるがままに、そしてバランス良く活用していきたいOtoYeahですXD

さて『T-ARA』という名前、どうなるのか気になる所ですが、メンバーはインスタ更新、TVや他の芸能活動?等を意外と活発にこなしているようで、状況的にはさほど緊迫していないのかな・・・?とも思ってしまいますが、果たしてどうなんでしょう?

この件に関しては、続報が流れているようです・・・。

티아라는 누구의 것? '거절사유'가 갈등 불씨(T-ARAは誰のもの? 「拒絶理由」が対立火種)

この記事によると、メンバーは弁護士を通じて意義申請の理由、及び証拠資料を既に2度、特許庁に提出している模様で、その内容に関しては明らかにされてはいませんが、どうやらこの中身の言い分とMBK側の言い分の食い違いが、問題の火種となっていると伝えているようです。


そして注目すべきはMBK側が「商標優先審査制度」を申請したということ。

韓国でも商標登録出願から正式に登録されるまで、やはり半年から1年程度の期間を要するとされているようですが、この商標優先審査制度を利用すると、一定の要件を備えた商標登録出願の場合、なんと2~3ヶ月以内に審査結果を受けることができてしまうようなのです。

記事によれば、特許庁の関係者は
「T-ARAの商標登録出願は現在、優先審査の対象リストに含まれている。これは申請者によって提出された」
と説明しているようなので、場合によっては2~3ヶ月以内に「T-ARA」が商標登録される可能性が出てきたということです。

しかしMBKは何故こんなに焦っているんでしょうかね・・・?
MBKが『T-ARA』を商標登録したかった本当の理由はどういうものなのか?
本当に名前を守りたかっただけなのか?
そもそもT-ARAのメンバーであった4人からT-ARAという名前を守る必要があるのか?
色々と疑問点はありますが・・・。

最後にMBK側が
「さすがにメンバー4人だけのこととすることができない部分が存在する。『T-ARA』はメンバー4人だけでなく、T-ARAとして活動した チームを離れた残りのメンバーたちにも所有権があるだろう」と強調した。
とあります。

これには納得できる部分もありますが、とすると、この件に関してはボラムやソヨンは関わっていないと考えるのが妥当なのかな。
あくまでキュリ、ウンジョン、ヒョミン、ジヨンの4人のみが動いているということなのか?
となると・・・。う~ん・・・。

まぁとりあえず、今回はここまで!
また何かキャッチできれば書いていきます:)

拍手[11回]


T-ARA News

T-ARA Instagram

T-ARA TV Programs

Scrap Booking

T-ARA Items